FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゼットンのさすらい日記 

080218sasuraiz1.jpg

今年はよく雪が降る。そして積もる。

ある雪が積もった日の翌日、街を歩いた。

いつもと同じ風景のはずが、少し違った感覚を伴うのは
融けかけた雪が残る景色が、いつもと微妙に違うからだろう。

そんな感覚であった為でもあろうか、

いつもお邪魔するブログのtaroさんの写真を、ふと想い出した。

だからかもしれないが、珍しく私も写真を撮ってみようかと言う気になったんだ。


080218sasuraiz2.jpg


080218sasuraiz3.jpg


080218sasuraiz4.jpg


080218sasuraiz5.jpg


いつもは何気に見てるtaroさんの写真・・・・、
何気に見れる故に、私的には素晴らしいと思うのだけれど・・・。

いざ、撮ってみようと思うと・・・・ORZ

才能とか感性とか経験とか・・・そんな次元じゃねぇwww

写真には限らず、よく人の作品を評価してる人いるけれど・・・、

手本を見せてから文句言え・・・・と。


最近は、多くの人がカメラを持ち歩く時代。
デジカメも小さいし、それよりも何よりも携帯にカメラ付いてるし・・・。

でね、満月がすごく大きく見えてたり、沈みかけの太陽がとてつもなく巨大に見えたり・・・
するじゃない?! で、パシャと撮って確かめてみると・・・・・

何、これってくらい小さく写るじゃない?!

これって、カメラの性能がしょぼいんじゃないみたい。
そりゃ、一眼レフならなんとかしてくれるって言うか何とか出来るんだろうけれど。

でも、小さく写るのが本当の風景らしい。
では何故大きく見えるのかって言うと、人間の脳が勝手に補正かけて大きく見せてるらしい。

まぁ、実際、月にしても太陽にしても、どんだけ~って言うくらい距離が遠いしね。

カメラにも、人間の脳の様に補正かけるプログラム積んだらいいのに・・・。

もう、そんな機能あるのかな?かな。

少なくとも、私の持ってるカメラには、そのような機能ないんだが・・・。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/02/19 22:43 ] 日記(weblog) | TB(0) | CM(4)
例えば 写そうとする画面の中の『手前の静物』とか、『奥の風景』に・・
『左端の人物』へ・・ と、撮影者が<注目している>対象に
自動で「ピントを合わせる」と言う機能なら、中上級機のファインダー
タイプのカメラには載っていることがあります。
これも、人間の認識への「補助」でしょうけれど、さすがに
『大きく感じたものを大きいように』補正してくれるカメラは
今のところないようです。

だいたい、人間の認識自体が、対象を『類型化』して・・知ってる
事物に当てはめて『見ている』らしいので、同じ人物の写真が
生で見てる時と印象が違ってたりするのも、よくある話です。
 ・・・・感じたままを、他の人にも伝わるように写真にできたら、
それはプロになれますよ。ww
まあ、そういう写真を 撮りたいものですが・ね。
[ 2008/02/20 00:07 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

>『大きく感じたものを大きいように』補正してくれるカメラは
>今のところないようです。

やっぱりないんですね。よかたw

>・・・・感じたままを、他の人にも伝わるように写真にできたら

そこまではアレなんですが、月や太陽なんかを大きく撮るくらいのプログラム?を、今の技術で、がんばったら出来るではないのかなと・・・。

もし出来たら、商品の売りの訴求ポイントになるというか差別化になるというか・・・・。

私の家には、親父の何十年前の一切デジタルのないフルメカニカルの一眼レフがあります。

また、これも親父のですが、最新のデジタル一眼レフもあります。

次元が違うテクノロジーですwww

将来、プロの写真をロジックを解析して・・・素人でも玄人並の写真を(ry

そこまで、写真にこだわる需要は少ないか・・・・。

なら、進化は緩やかなのでしょうねぇ・・・。
[ 2008/02/20 22:59 ] [ 編集 ]
ほとんど標準となってしまった「オートフォーカス」や、
最近の「手ぶれ補正」なんかは、「自動露出」も含めて
一般の方が写真撮影でミスしがちなところを、ほとんど
補正してくれるので、玄人がテクニックを駆使してた部分を
『素人のものにした』と言えるでしょう。
マニュアルカメラをいじってた身からすれば、どんどん
プロに近づくテクノロジーですよ。w
『構図』とかの技術を除けば、後はシャッターチャンスのみ!

ま、プロでも写真集1冊作るのに、リバーサルフィルム 
何十本も使って、その中から「イイのを選ぶ」ンですけどね。
[ 2008/02/21 04:05 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

昔、まだフィルムの時代。バカチョン←死語?で、いっぱい写真撮ってた覚えがあります。

旅行とかでね、典型的な日本人みたく首から提げてね。
で、フィルムを写真屋さんで現像してもらって・・・焼きまわししてwww

で、デジタルの時代。わざわざ現像出さなくても、パソコンで簡単に見れて、補正やトリミングなんかも簡単に出来て・・・。

でも、私は、デジタル時代になって、ほとんど写真を撮らなくなった。

携帯にも何百万クラスの画素がついて、簡単に撮れるようになっても・・・ほとんど撮らない。

ほんと、ブログしてるから、ちょっとは撮る程度なんだよな。

なんで、撮らなくなったんだろう???
[ 2008/02/21 22:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ゼットン

Author:ゼットン
キリンは泣かない・・・・・・
我が子がライオンの餌食となった母親キリンはどうすることもできない-
ただ遠まきに見ているだけだ
悲しくないわけはないだろうに・・・・・・・・
キリンは涙をこぼすのだろうか?
いや、涙をこぼすことすらできないのだろう
たとえ食い殺されようとも立ち向かって行けるキリンでありたい

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
【お知らせ】ブクマ先様は、ブックマークステーションに移動しました。    
banner list
様々なバナーデザインがあります。↓をクリックして下さい

0929sennryuu1
0929sennryuu1
0929sennryuu1

バナーリンクの際には是非お使いください☆
associates.amazon.

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。