FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【映画】 スタンリー・キューブリック 

070429sutannri1

最近のレンタルビデオ屋さんは、DVDが主流だ。
最新作は、ほぼDVD。

ビデオテープは、新旧交代と言う事でその姿を消し始めている。

ビデオテープしかなかった時代に発売された映画も、DVD化が
進んでいるが、レンタル屋さんに入ってくるのは、古典と言われるDVDが
多くて、中途半端に古い作品は、まだ仕入れていない場合が多い。


私は、しばらく前から、「博士の異常な愛情」を探していたのだけれども、
なかなか発見できなかった。

ある時、ふとDVDに押しやられたデッドスペースに
たたずむビデオテープ群の一番下の片隅で、見つけたのだ。

もう、タイトルやパッケージが色あせ、
廃棄処分をゆっくり待っている感がある棚で。



ふとその隣を見てみると、同じスタンリー・キューブリックの
「時計じかけのオレンジ」まであるではないか。
見たい思いはあったが、なかなか機会がなかった作品だ。

もう一働きしてね。とばかりに、2本を手にとって借りてきたのだ。

070429sutannr2

「博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのをやめて水爆を愛するようになったか」

素晴らしく長い題名であるが・・・、1964年の作品。私の生まれる前の作品だ。

これを見たいと思ったきっかけは、同志デュラン博士のブログに色濃く刻まれてるのが、
この映画だから。タイトル画像なんかもそうだし。実は、私が提供させて頂いたのだがw
それはともかく、デュラン博士のブログがきっかけである。

詳しくは、ココを見てもらえると、どんな作品かわかるでしょう。

070429sutannr3

ピンクパンサーシリーズのクルーゾー警部で有名な俳優、ピーター・セラーズが
一人3役をしており、とても素晴らしい演技を見せている。

なかなかシニカルで、ブラックユーモアなで、色々な事を訴えている。
けれど、表現方法は、ユーモアそのものであるwww
モノクロの映画でも、訴えているメッセージは現代でも色あせてないような希ガス。

深いメッセージ性がありながらも、気楽に見れる映画と言うのは、秀逸だな。
私は、好きだ。

070429sutann4

そして、「時計じかけのオレンジ」。
すげーな。人の暗黒面を描いてるし、それを含む管理社会ごと描いてる。
つか、暴力シーンやセックスシーンもあるし、
モザイクが入っている。1972年に日本でも公開されてるが、
アノ時代に、モザイク入りの洋画が公開された事が驚きだ。

まぁ、これはアレだな。人の欲望の限りを尽くす荒廃を描いているので、
人によっては見れないのではないだろうか。
汚れたモノを見たくない人は、見たくない類の映画だろう。

人間と呼ばれる生物が、何故か非人間性を包括してると言う矛盾www

私は、結構楽しんだが・・・・。



スタンリー・キューブリックは、1999年の『アイズ ワイド シャット』が遺作だ。
だからかな?昔は、この監督のコーナーなんかが、結構あったんだけれども・・・・。
なかなか、最近ではお目にかかれないなぁ、レンタルビデオ屋さんでは。

クセがある監督ではあるし、作品によっては理解出来ないのもあるが・・、
結構、好きな監督であります。


『アイズ ワイド シャット』は、何故か映画館へ見に行った記憶がある。
なんかエロかったしか・・・・記憶にないのだが・・・orz
スポンサーサイト
[PR]

[ 2007/10/19 23:11 ] 映画 | TB(0) | CM(10)
『博士の異常な愛情』、『時計じかけのオレンジ』も安い“古い映画の”DVDとして売られていたような気がするなぁ。

一番観たいのは、『アンダルシアの犬』ですが、なにか?
[ 2007/10/20 01:27 ] [ 編集 ]
随分前に、「2001年宇宙の旅」と「時計じかけのオレンジ」を見ました。
どっちも難解だったけど、衝撃はすごくて今でもどっかのシーンが目に浮かびます。
「アイズワイドシャット」は私もエロしか印象なし(笑)。
[ 2007/10/20 20:08 ] [ 編集 ]
\( ̄^ ̄) ずいぶん以前の映画レビュ-のため『画像』が少なかったので記事加筆の上、修正しました。

ご紹介ありがとうございました。(_ _)

私は『監督の名前』で観るのをためらってましたが、いざ観て『すっごくおもろい』のでびっくりしました。

ストレンジラブさんのキャラクターが最高ですな。( ̄ー ̄)v

[ 2007/10/20 21:22 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

近くにファミリースーパーないんだよね、田舎だからwww

ホムセンはあるんだけれどwww


『アンダルシアの犬』は、見た時ない・・・。

けど、なんか重そうな映画ですね・・・。
[ 2007/10/20 23:46 ] [ 編集 ]
私は大学時代に『時計じかけのオレンジ』を見て、かなり衝撃を受けました。今観ても色あせてないストーリーは、キューブリック監督の才能を物語っていると思います。当時、何度も何度も見て、しまいにはビデオを購入してしまったほど、大好きな映画のひとつです。
狂気じみた人を描くのがとても上手い監督ですよね。
『シャイニング』や『フルメタルジャケット』でも、狂気の笑顔を印象的に描いてますよね。
[ 2007/10/20 23:51 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

ほんと、難解だけれども、衝撃あるよね・・・。

「博士の異常な愛情」は、奥深いけれど単純におもしろさもあるよ。

「アイズワイドシャット」はやっぱりエロいよねwww
[ 2007/10/21 00:24 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

いや~、博士に影響されて見たい見たいと思ってたんですよ!!

見た目は笑えるんですが、背景やらなんやらは深いメッセージがありますね。

考えさせられる部分もありながら、笑いながら見れるw

ストレンジラブさんサイコーっす!!
[ 2007/10/21 01:03 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

確かに衝撃的ですね。

狂気・人・ファナティック・・・・。

才能ある監督です。

ただ、遺作はエロって言う印象しかないんですがwww
[ 2007/10/21 01:05 ] [ 編集 ]
「時計じかけのオレンジ」は小学生の時に映画館で見ました(笑)。
もちろん自分で見に行ったわけではなくて、兄貴に連れていかれたんですが。
当時は凄く気持ち悪い映画だと思ったけど、あとになってみると凄い映画だったんだなって思いました。

「時計じかけ~」は3,4年前にDVDが1500円で売っていたんですかさず買ったんですけど、DVDではいまだに1回も見てないです(苦笑)。
[ 2007/10/26 23:02 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

つか、小学生で見たって・・・、

多分、めちゃくちゃな衝撃だったでしょうねw

そっか、DVDでそんなに安いんですね。

[ 2007/10/27 00:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ゼットン

Author:ゼットン
キリンは泣かない・・・・・・
我が子がライオンの餌食となった母親キリンはどうすることもできない-
ただ遠まきに見ているだけだ
悲しくないわけはないだろうに・・・・・・・・
キリンは涙をこぼすのだろうか?
いや、涙をこぼすことすらできないのだろう
たとえ食い殺されようとも立ち向かって行けるキリンでありたい

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
【お知らせ】ブクマ先様は、ブックマークステーションに移動しました。    
banner list
様々なバナーデザインがあります。↓をクリックして下さい

0929sennryuu1
0929sennryuu1
0929sennryuu1

バナーリンクの際には是非お使いください☆
associates.amazon.

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。