FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【終戦記念日】 ジェネレーションギャップ/今の若いモンは! 【8月15日】 

61年前にあった悲惨な出来事、未来の私達のために苦しみ命をもって繋いでくれた人々の記憶。
今の若い世代にとっては戦争の記憶が風化してしまって、実感がない時代になってしまった今、
全てが忘れられ始めているのではないでしょうか?


毎年、夏になるとマスコミ・テレビなどで特集されても、なかなか伝わっていかない現実。
平和な生活を送る私たちの世代には、過去のあの時代の悲惨さや苦痛を理解することは非常に難しいかもしれない。
ましてや10代の若い世代は特に・・・・・。

それは、唯一の地上戦を経験した沖縄や世界で唯一、原爆が落とされた地、広島・長崎ですら、
10代の若い世代では、第二次世界大戦についての重要なキーワードすら知らない子供が増加する傾向にあると以前テレビで見た時がある。

何故なのだろうか?
一つは伝え切れてない大人達の責任であろう。
もう一つは、ジュネレーションギャップではなかろうか?

(ここで言うジェネレーションギャップとは、年寄りに「今の若いもんは」と言われて価値観がどうのとか時代がどうのとか
感情的に文句垂れる愚痴ではない)

10代の少年少女達になりたいもののアンケートを取ると

男子  1位 プログラマー、コンピューター関係 3位公務員
女子  1位 保育士、2位教師、3位お嫁さん

となる。この結果を分析すると以下のように考えられる。
彼らは、転職はよしとしない。一つの会社で長くいたいと保守的に望んでいる。
でも、リストラを気にかけているので、専門的な資格、スキルを身に付けたいと考えているのである。
また、アンケートに答えた者の一人は、
「仕事は、やりがいがあり、労働は、生活の糧を得るためのもの」と言っている。

女子のアンケートでは、仕事は平均17年続けたい。結婚は、平均23,5歳でしたい。
大卒で17年間働くと約40歳である。
彼女達は、早く結婚して40歳くらいまで働くイメージをもっているのである。

ここから読み取れる事は、「安定」、「保守」、「非チャレンジ精神」である。

それは何故なのか?どこから来るものなのか?

世代である。この世代は、時代が下降している時しか知らない。
バブル景気ですら、キオクの片隅にもないのである。

例えば、私は「3丁目の夕日」の世界をリアルでは知らない。
しかし、あの世界観を懐かしく感じるでのある。東京タワーが半分しか出来ていない世界に懐かしさを感じる。
と言う事は、高度経済成長の前の世界、すなわち焼け野原の世界、そして戦争を想像する余地があるのである。
本当の意味で61年前を知ること、理解する事は出来なくても想像は出来るのである。
ましてや祖父母は戦争経験者もしくは戦中、戦後を知ってる確率は高い。

日本が伸びている事を知っていると言う事は、伸びる前の状態も想像出来るという事である。

しかし、今の10代は、バブルすら知らない、時代が下降しているに生まれ育ってきた世代なのである。

このようなことを踏まえつつ、戦争の記憶を伝える努力をしていかないと60年前の人々の想いを繋ぐ事は出来ないのではなかろうか?

と言うか本当に伝えていけるのだろうか?

61年が過ぎ、平和な生活を送る私たちの世代には、過去のあの時代の悲惨さや苦痛を理解することは非常に難しいかもしれない。
約60年前の出来事を我が事のように感じることは、永遠の課題だろう。

「戦友たちは何のため戦い死んだのか。戦争って一体何ですか」。沖縄戦生存者の言葉。


回転特別攻撃隊 

真実はどこに・・・

島唄

東京裁判 - 極東国際軍事裁判 -

日本がアジアに残した功績

嗚呼大和 壱

嗚呼大和 弐

嗚呼大和 参

ある者は資料を提供し、ある者は画像を、ある者は物語を、
そして、flash職人が仕上げたFLASH。

戦争を知らない世代が生み出したデジタルな戦争の記憶。
インターネットで、世代格差を超えて伝えられる記憶。

サイト:
「戦争を語り継ぐ60年目の証言」

「東京大空襲 史上最大の虐殺」

ネットの中に希望があるのかもしれません。

犠牲になった多くの方々のご冥福を、最後にお祈りします。


注:昨年の今日、flashを紹介した記事をうpしますた。
  その多くがリンク切れを起していました。再度、紹介しますた。
  「嗚呼大和」に関しては、始めて紹介しました。
スポンサーサイト
[PR]

「テレビの発達が人間の想像力を奪った」
こういう説もどこかで聞いたことがあります。
読書やラジオを聞きながら人物や場面を想像していた時代から
全てが映像付で紹介される受動的時代へと・・

頭を使わない時代

他人の痛みに対する想像力なんてのも、欠けてきてるんじゃないかなー

欠けてきている部分もあるだろうし、情報が溢れすぎていて麻痺している部分もあるだろうし、

地震、戦争、凶悪殺人なんてものを深刻な顔して放送していると思ったら、次の番組ではお笑いをやってたり・・

ショッキングな場面の映像を撮るために現場に行っていても、その実、視聴者をびっくりさせるためだったり・・

考える材料が何もかも与えられているのに、
視聴者として受動的に終わってしまう。

映像の向こうの痛みや悲しみ、
大変さを想像できなくなってるんじゃないですかね

今や女の子と食事に行っても割り勘、
先輩や上司、仕事仲間と酒を飲むくらいなら服でも買うよなんて男が増えているとか。。

そんな彼らに期待するよりも

もし誰かの痛みや苦しみがわかるならば
何か行動しなくちゃーいけないのが
いつのまにか、
いつのまにか「実は我々世代」なんですよという時代なのに誰も気づかないなんて事なのかもしれませんね。

金も地位もあるはずの人生の先輩達が無責任なら
俺らなんてと若い子は捉えているのかもしれません


[ 2006/08/15 15:06 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

う~ん、なんか責任ある世代なんですよね~我々って・・・。

テレビやバーチャルで想像力を失ったとしたら、人類は滅びの道を歩んでると思います。

かつて、我々の祖先が生き抜き生物の頂点に立てたのは、「想像力」があることだったのですから。

他の動物にはない「想像力」。これが、我々の真髄。

想像力が生み出した科学技術が、想像力を失なわす。
皮肉ですな。

って、なかなかおもしろいから、これ記事にしよっかな。

よいアイデアをありがとうです。

良質のコメントもらえることが、ブロガーの醍醐味かもしれん。
[ 2006/08/15 23:17 ] [ 編集 ]
戦後の大変さを知らない人が子供の虐待について、今の世の中が大変で母親がイライラするっていう人がいますが、戦後すぐに虐待が多く、今みたいな事態になっていたでしょうか?
豊かさの中で社会病理に陥っている今の日本があるようにしか思えないのです(T_T)
今の日本は戦争ですべてを失った人たちが作り上げてきたものなのに、それを当たり前と感じてしまうこと・・・。それでもあーだこーだと文句を言ってしまう。
先人たちの苦労も理解していくことがもとめられているのかもしれません。
当時のことは当時の人にしかわからないのですが、ネットで戦争を知らない世代が後世まで語り継ぐことは本当に希望ですね!
この波紋が広がればいいと思っていますよ。

8月15日は地元では12時にサイレンを鳴らすのですが、福井では何もなかったですね(^-^;)
本当にただのお盆って感じです・・・。
[ 2006/08/16 02:10 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

戦争で夫をなくし、女手一つで数人の子供を育てる。
ってことは戦争直後の日本では珍しくなかったように思えます。

虐待なんてしてる暇も考えもなかったのでは?
みんな生きるために必死だったでしょう。
多くの人の死を見、理不尽さを身をもって体験されたのですから。

逆に、生きるための犯罪は多かったとは思います。

平和になりすぎたのでしょうね、日本は。
わずか60年で・・・・・・。
[ 2006/08/16 13:15 ] [ 編集 ]
戦後失われたものの一つとして

「人と人とのつながり」をあげるとすれば

これ

最近のブログやネットコミュニケーションの
発達の背景がふわふわーっとでも見えてくるわけで

多数の人間が、
「失われたコミュニケーション」に変わるものを
実は強く強く欲求していたからこそ
仮想コミュニケーション参加人口が爆発的に増えたのかもしれませんよね。

結局、人間とは社会性ある生物である
なーんて言葉をどこかで聴いたことがありますが・

てことは、今は社会再構築の過渡期なのか。

しかし、人間の本質から沸きあがる欲求が
こういうコミュニケーションの場をつくりだしているのなら
案外、人間って捨てたもんじゃないなーとなるわけで

そんでもって、技術の発達とともに
最終的にいきつくとこは
「現実社会」なのではと

「ゲームをしなくなったら、
なにをするか」というのにも近いかもしれませんが

事は人間の本質から来ている欲求であるからして

ブログ→SNS→ なんて動きは、
歪んだ人間社会の大きな自律的回復、リハビリのようにも見えてきます。

てか、それらをビジネスとして引っ張っていっている人たちは本当にスゴイねー。

いろんな面で

「ネットの中に希望はあるかも」しれません^^

[ 2006/08/16 14:32 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

コミュニケーションスキルを失いながらもコミュニケーションを求めると匿名性のネットが一番適した環境だと。
いや~、勉強になります、ほんと。

私はね、現実と仮想が融合しはじめてる時代なのだと思うのです。
と言う記事を今書いてるところなので、とてもタイムリーなコメント頂いて嬉しいっす!!

ビジネスで引っ張ってるかどうかは、ちとわからんと思ってるのです。
今は、取り合えず始めて見て、それからビジネスモデルを考えるパターンの方が多いのかなぁと思うのです。
例えばyoutubeとかね。
ブログやSNS自体も、旧来然とした広告というビジネスモデルで、それすら採算ベースにのるかどうかわかりませんからねぇ~。
こう人口が増えれば、通信料をペイして利益を稼ぎ出すのは難しくなっていくかもしれませんし・・・。

でも、ネットの中に希望は見えますね。
現実に見えないのは、どうかと思いますがorz
[ 2006/08/16 18:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ゼットン

Author:ゼットン
キリンは泣かない・・・・・・
我が子がライオンの餌食となった母親キリンはどうすることもできない-
ただ遠まきに見ているだけだ
悲しくないわけはないだろうに・・・・・・・・
キリンは涙をこぼすのだろうか?
いや、涙をこぼすことすらできないのだろう
たとえ食い殺されようとも立ち向かって行けるキリンでありたい

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
【お知らせ】ブクマ先様は、ブックマークステーションに移動しました。    
banner list
様々なバナーデザインがあります。↓をクリックして下さい

0929sennryuu1
0929sennryuu1
0929sennryuu1

バナーリンクの際には是非お使いください☆
associates.amazon.

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。