FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【RX-78ガンダム】兵器としてもモビルスーツ論/前編 


ガンダムと言う兵器を読み解くキーワードは、プロトタイプとワンオフモデルである。

ファーストガンダム(以下ガンダムと呼称)はプロトタイプと呼ばれるが、本来プロトタイプとは
量産を前提とした試作機である。

ガンダムは試作機としての体をなしていない。本来、試作機は量産モデルよりも性能は劣る。
設計、生産するための工程等を盛り込みながら、試作機は作られるのである。
そこで改良が施され、それを繰り返し、量産モデルが確定し、量産される。

モビルスーツは兵器とは言え、工業製品である故に、企画・設計・施行、量産までの過程は同じである。

ガンダムは、プロトタイプではないとの理由が上記にある。

いくら性能がよくても加工しにくい装甲素材。量産には不向きな要素である。
当時のジオンのMSを見てもガンダムのような装甲を施してるものは、戦争末期まで登場しない。
最新素材は、より多く使われるようになって初めて量産技術も進化するのである。現代のチタンやモリブリテン鋼のように。

技術的には進んでいたジオンでさえも実用化していなかったビーム兵器を実装してるのも上記の理由で不自然である。
ビーム兵器は、MSの核融合炉からエネルギーが供給される。使用には高出力の核融合炉が必要になるが、高出力エンジンは、
量産効果は低い。

また、合体システムと言うのも量産という視点から見ると合理的ではないし、実戦においても運用、整備が複雑になる。

さらに、量産タイプであるジムには、装甲もコアファイターもビームライフルも実装されていない。

ガンダムがジムのプロトタイプ(試作機)とするなら、ありえない話である。
量産モデルには必ず生産工程を考慮に入れる必要がある。加工しにくい素材などは論外である。

また、試作機ならばデータ取りの為に、撃破されることは極力避けなければならないのに、いつ沈んでもおかしくない
1艦艇だけでの独立部隊に配備されていたのも不自然である。

しかし、ワンオフモデルとしてならガンダムの存在は理解しやすい。

ワンオフと言うのは、特別に作られる製品のことである。量産することを考慮にいれないから、生産工程も考えなくても良い。
ガンダムは、当時技術的に遅れていた連邦が、人・もの・金を突っ込んで、技術を蓄積する為に開発したワンオフモデルである。
生産性を度外視しての開発で、多くの技術やノウハウを得ようとしたのであろう。
故に、開発の目的レベルを高く設定する必要があり、ガンダムのような機体が開発されたのであると思われる。



スポンサーサイト
[PR]

[ 2006/06/17 00:07 ] MS論 | TB(0) | CM(4)
ガンダムの考察☆待ってました~♪
ガンダムワンオフ論全く其の通りだと思われます。
RX78-1プロトタイプガンダムの存在もありますし。
量産型のプロトタイプにプロトタイプ?
V作戦はガンキャノン・ガンタンクなどを連携させたMS戦術運用の考察という意味合いもあったので
その意味ではプロトタイプと言えるかもしれません。
そして戦術のデーター取りの為の強度な装甲とコアブロックシステムだったのでしょう。
そしてルウム・一週間戦争でギタギタにされた宇宙艦隊の再編と高性能MSの開発に成功したレビル将軍の手腕はまさに恐るべきものと言わざるを得ないですねえ。
後半も楽しみです。
[ 2006/06/17 03:36 ] [ 編集 ]
直接移行を前提としない『性能検討試作機』でよろしいのでは?と。

「ガンキャノン」の成り立ちの設定が、TVシリーズと、現連載の
安彦氏『ジ・オリジン』で錯綜しているように感じているのは
オイラだけでしょうか?
元ネタとなった『宇宙の戦士』のモチーフを残したかっただけかも。
[ 2006/06/17 16:12 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

実はプロダクトの概念では、「プロトタイプにプロトタイプ」と言うのはなくて、
量産タイプを作る為に試作はすべてプロトタイプなんです。
ホンダのアッシモ君のように、初めはフレームと動力だけみたいな所から
試作していったと思うのですよね。
それと連邦の「MS戦術運用の考察」とかレビルとかは、バカだったとおもいます。
ガンタンクを作った時点で・・・・orz

しかし、ガンタンク テラワロスwww
[ 2006/06/17 23:50 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

『性能検討試作機』ってのはすごく的を得てるんですけどね・・・・、
日本人ってのはプロトタイプって英語の概念を理解してなくて、
そこから誤解が生じてる部分もおおいのですよね。
今回の記事は、プロトやワンオフって言葉そのものよりも
ガンダムと言う機体をプロダクトの視点で考察ってのが本題なんですよ。

それとこの記事に関しては、TV版と映画板のみを考察対象としています。
その他のサイドストーリーとか作品はすべて後付なんで、ある意味2次創作だと
私自身は考えています。
原作小説も今回は対象外にしています。ストーリーが全然ちがいますし、アムロ途中で死んじゃうしorz
[ 2006/06/17 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ゼットン

Author:ゼットン
キリンは泣かない・・・・・・
我が子がライオンの餌食となった母親キリンはどうすることもできない-
ただ遠まきに見ているだけだ
悲しくないわけはないだろうに・・・・・・・・
キリンは涙をこぼすのだろうか?
いや、涙をこぼすことすらできないのだろう
たとえ食い殺されようとも立ち向かって行けるキリンでありたい

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
【お知らせ】ブクマ先様は、ブックマークステーションに移動しました。    
banner list
様々なバナーデザインがあります。↓をクリックして下さい

0929sennryuu1
0929sennryuu1
0929sennryuu1

バナーリンクの際には是非お使いください☆
associates.amazon.

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。